米国の病院で「治療困難」とされ断念、米女児の顔の大きな“あざ”、ロシアで治療始まる

つぶやく


1:すらいむ ★:2019/10/09(水) 11:28:23.26 ID:CVu0jRrn9.net

米女児のあざ、ロシアで治療 SNSで情報拡散


 【モスクワ共同】生まれつき顔に黒い大きなあざのある生後7カ月の米国人女児の治療が、9日までにロシア南部クラスノダールの病院で始まった。
 女児の母親は地元米国の病院では治療は困難と示唆され断念。
 苦境をインスタグラムで発信した結果、情報が世界中に広まり、ロシアの医師が名乗り出た。
 タス通信などが報じた。



※全文・画像はソースで
https://news.livedoor.com/article/detail/17204599/

続きを読む

元の記事を読む ⇒ http://news.2chblog.jp/archives/51966069.html


トップへ