【朗報】セブン本社の社員、経営難のコンビニオーナーに的確なアシストを送ってズバッと解決!

つぶやく


セブン おでん 公正取引委員会 公取委 独禁法違反に関連した画像-011:2019/09/12(木) 11:29:47.60ID:UTu3M9Hj0.net
本部が「おでん無断発注」 セブンオーナー、公取委に違反申告

 セブン-イレブン・ジャパン本部の社員が、店舗に無断でおでんなどを発注したのは独禁法違反に当たるなどとして、宮城、千葉、東京、京都、大阪の5都府県のセブン店舗オーナー5人が11日、公正取引委員会に一斉に申告した。

 申告書などによると、店舗にアドバイスをする本部社員が8月、東京都内の店舗事務所の端末でおでんを無断発注し、気付いたオーナーが取り消す事案があった。

 あるオーナーは「クリスマスケーキなど季節商品を大量発注されたこともあった。売上目標達成のため、不在時を狙って勝手に発注される」と憤っている。

 セブン本部は「発注はオーナーに権限があり、本部社員が勝手に入れることはあり得ない」と話している。

 5人は、無断発注のほか、オーナー不在時に本部側が店舗運営を代行する「オーナー・ヘルプ制度」の不履行、期限切れが迫った商品を値引きする「見切り販売」に対する圧力など、複数の問題点を挙げている。7月には群馬県のオーナーが公取委に申告している。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://www.sanspo.com/geino/news/20190911/sot19091120130008-n1.html
関連記事



元の記事を読む ⇒ http://alfalfalfa.com/articles/264511.html


トップへ